スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
開春 備前雄町 山口 純米無濾過生原酒
今回のお酒、購入は半田市の「酒屋くりもと」
私の家から車で30分弱、お酒を買いに行くには結構な距離ですが、エッチラホイ!っと出かけていくだけのことはあります。

なにしろ、こんな美味しい一本がありました。

島根県大田市 若林酒造
開春 備前雄町 山口 純米無濾過生原酒


開春山口 備前雄町生



 開栓!!

香りは・・・これはメロンか? ほかの香りも感じるんだけど表現できないもどかしさ!
(こういううとき、自分の臭覚がじれったい。・・・○○にゃんさんの鼻が欲しいわ)

含むと・・・まず舌にピチピチと微発砲の刺激。
ちょっと行儀は悪いけど、口中に溜めて・・・唎酒の容量で口をすぼめ空気を入れる ヒュ~・・・口中で香りが立ち上がり、吟醸香が広がります。 良い!

味わいは
 濃い! BODYがしっかりしている!
  まずは柔らかい甘みが広がり、
   次いで酸が追いかけてきて・・・キリッと締めた、
    と思うと最後にかすかな苦味が・・・何層も繰り返し寄せてくる印象・・・なんて複雑な味!

  美味い!

このままスイスイと呑み進んでしまいそうですが、ちょいと我慢をしましょう。

開春山口豊前雄町生 裏

翌日から10日ほどかけていただきましたが、ず~っと美味しかった。
日をおって、最初の“何層も寄せてくる”という縁が立ったような印象が薄れ、徐々にまるく、深く、収束されてきました。
最後の一杯は本当に穏やかな・・・・日本酒の変化って面白なぁ、と改めて痛感。

開春山口 備前雄町  開春山口 備前雄町生 全景


ところで
若林酒造さんの所在地は島根県太田市大田市 温泉津・・・・? なんて読むの?
これ「ゆのつ」と読むそうです。
石見銀山の搬出地として栄え、名前のとおり温泉がでる港町で、今も町並みは当時の面影がのこっている、とのこと。
蔵は造り300石、少人数の小さな蔵ながら生産設備はしっかりと整え、地元杜氏と若い蔵人の意欲的な蔵、とのご紹介でした。

ちなみに、杜氏さんのお名前は 山口竜馬氏!
ラベルには「山口」の上に「杜氏」の文字がありました。
以前は「開春竜馬」として出されたそうですが、事情があって「山口」に変えられたとのこと、商標の問題かな?

いいなぁ、温泉のある港町、往時はさぞや栄えたことでしょう。

行ってみたいなぁ・・・・・と、しばし西の方角を仰いで思いをはせます。

あぁ、美味しかった! ご馳走様でした!




ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif


  







スポンサーサイト
【2010/07/31 07:17 】 | 日本酒 | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。