fc2ブログ
新政 純米仕込貴醸酒 陽乃鳥
東京へ出張の際は必ず立ち寄る東京駅グランスタの長谷川酒店にて、先日、以前お話しした先輩の息子さんにお会いしました。

なかなかの好青年です。今春の就職ですから未だ1年にもなりませんが、カウンターに入っての応対もテキパキと気持ちよいものでした。
一杯飲んでから名刺を渡して名乗ったところ、背筋を伸ばして「父がいつもお世話になっております!」と頭を下げられました。 いや、恐縮・・・“よい教育をされたのだなぁ”と感心しました。
うん、気分よかったぁ

で、あまりの気分の良さに思わずまたも、東京で買って持ち帰った一本
(しかし・・・最近では楽しみになりつつある。  カバンが重いけど・・・)

秋田県秋田市 新政酒造
新政 純米仕込貴醸酒 陽乃鳥

新政 陽乃鳥  新政 陽乃鳥 裏ラベル

新政酒造、創業は嘉永五年(1852年)、いわずとしれた秋田の名醸蔵、協会6号酵母の発祥蔵。

資料によれば、新政の名は「明治政府がその施行の大綱に掲げた「新政厚徳」に由来する」とのこと。
当主は代々「佐藤 卯兵衛」を名乗るらしく、現在は6代目。
5代目「卯兵衛」氏が大阪に学び、長期低温発酵方式という現在のかたちを作り上げた、とあります。

さぁさぁ!呑むぞ!
開栓! おぉ? 香りはトロピカル!パイナップルか?
こんなはっきりした香りは始めての経験です。 なんか凄そうだぞ?

含む・・・ フルーツソーダ? しかも濃い! ナニコレ?

プチプチの微発泡、濃く、甘く、香りも味わいも(全く文字通りの意味で)フルーティーです。
日本酒とは思えない。
これって酵母は・・・・・やはり6号なんだ!? ビックリです。

3日ほどあけてみました。
プチプチ感はちょっとおさまりましたが、依然として ジュワ~ と広がります。
トロピカル感は変わりません。ちょっとスッキリしたかな、でも気持ちのいい甘さですねぇ。

ただ・・・私はこのお酒、量は呑めませんね。
食中酒とはいかないです。
食後の一杯、デザートワインか、スィートシェリーかってところ。
そういう楽しみ方で、とても美味しい。

このお酒、貴醸酒といいます。
貴醸酒は仕込水に酒を用いるという贅沢なものですが、ラベルによれば「純米吟醸」を使ったということ。
これもまた驚き、いやぁ、いろんなのがあるものですねぇ。

新政 貴醸酒          陽乃鳥

正直いって、このデザインにひかれて買った感があります。
裏ラベルにあった「トロピカル感」ってどんなんかなぁ?、という期待はあったのですが、まさかこれほどとは思いませんでした。

秋田の名醸蔵「新政」、創業から一世紀半を経た名門蔵、しかし・・・・ 油断なりませんぞ




いつもありがとうございます。

FC2ランキング&ブログ村に参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト



【2010/11/06 19:30 】 | 日本酒 | コメント(8) | トラックバック(0) |
| ホーム |