fc2ブログ
東北泉 純米吟醸 出羽燦燦
先回は秋田県:新政、その前は岩手県:南部美人・・・
 東北めぐりではありませんが、今回もそちらの方面で

今回は、馴染みの酒屋さん「酒のくりもと」で楽しく迷っていたところ、店主から
「東北泉の出羽燦燦、いいですよ」とすすめられ素直にきめた一本。

山形県飽海郡遊佐町
東北泉 純米吟醸 出羽燦燦

東北泉 出羽燦々  きれいなラベルだぁ

東北泉・・・青はお初ですが著名な蔵元、原料米はいまや山形酒の看板になろうかという出羽燦燦、期待満々でいざ!開栓!

香りは・・・爽やかなイメージですな、派手ではない、好みですね。
含むと・・・・う~ん、何ていったらいいのかしら?、美味いんだよ、とっても!
表現が追いつかない・・・、口中で徐々に広がってくる旨み、甘味からきてスーっと酸が顔を出し・・・喉に消えながらビターがのぞく・・・・複雑な味わいだぁ。 美味い!


出羽燦々 裏ラベル

このお酒はほっとくとスイスイといってしまいそうですよ。
私は基本的に食べながらの酒飲みですが、これはかなり味の濃い料理にも充分合わせられると思いますね。
私のいただいた出羽燦燦のなかでは、いまのところ№1かな、と◎つけました。

東北泉 出羽燦々 全景


ところで、このお酒「くりもと」で出会ったときはこんな姿でした。

東北泉 甘口ラベル  ん?本醸造一級? 甘口?

「オヤジさん、なにこれ?」と思わず尋ねると「中身は出羽燦燦ですが、昔の包装紙が巻かれてきました」とのこと。 コレが風合いのいい紙でね、気に入ってしまっていただいてきました。

甘口ラベル 風合 ええ感じでしょ?


若い方はご存知ないかも・・・日本酒とウィスキーの規格区分は、昭和15年から平成元年の酒税法改正まで、特級・一級・二級(最初のころは五級まであったらしい)と区分されていました。
どうもその頃の包装紙が残っていて、輸送中にこの綺麗なラベルがこすれるのを防ぐために巻いてきたようです。
これもまた、蔵元の心づかいでしょうかね。

東北めぐりは・・・まだ続くかも・・・・、だって「酒どころ」だものねぇ




いつもありがとうございます。

FC2ランキング&ブログ村に参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村










スポンサーサイト



【2010/11/13 18:29 】 | 日本酒 | コメント(11) | トラックバック(0) |
| ホーム |