スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
衣が浦 若水 
わが家からゆっくり10分ほど歩いたところに、清酒 生道井(いくぢい)蔵本 原田酒造さんがあります。

創業安政2年(1855年)、銘柄「生道井」の名は蔵の近くにある倭建命(やまとたけるのみこと)ゆかりの伝説に由来します。この生道井の看板銘柄が「衣が浦 若水」ですが、今日のご紹介はその季節限定品

愛知県知多郡東浦町 原田酒造合資
生道井 特別純米酒 衣が浦若水 しぼりたて

衣が浦 若水

若水は愛知県が初めて育種開発した酒米です。栽培しやすく、心白が大きく発現する品種として注目されました。
粒が柔らかく高精白が難しい(一般には65%が限界といわれる)ため、近年の高精白米志向のなかでは、徐々に生産量もへってきていますが、できる酒は米の旨みがはっきりでて濃醇な味わいがあります。

原田酒造は若水がデビューしたときからずっと取り組まれています。
原田社長は「若水はうちの生命線です!」と胸をはられます。

うすにごり・・・香りはさほど立ちませんが、口に含めばフレッシュな酒の旨みが
  ズドーン! ときます。
直球です。
喉に落ちていくときには若干の渋みが顔を覗かせてズン!と消える感じ。 
無骨な「旨い酒」ですな。
 
 うん、今年は米が悪かったから苦労しただろうけど、酒はよい出来だぁ!

若水 100%  若水 全景

このお酒は燗にするとホンワリと柔らかみがでて、また格別です。

旨いぞぉ、若水、がんばれよぉ!



さて
本年、最後の更新です。ということで「今年の一本目はどんなんだったったけ?」と思いつき、見てみたら

 オォ!なんと! 若水だったぁ!

愛知県安城市 神杉酒造 純米大吟醸「若水穂」
高精白が難しい若水を45%まで磨き、平成21年新酒鑑評会入賞という快挙のお酒でした。
いやぁ、偶然です。 見事に環が閉じました。 完了です。




今年一年、皆さんに応援いただいてこのブログを続ける事ができました。

来る年にも、ボチボチと・・・私らしく綴っていこうと思っております。
お酒以外のことも書こう、と思っておりますが、かわらずご贔屓いただければ幸いです。

そうそう、年が明ければ間もなく「中津川の会」がありますな。楽しみです。

最後に、皆様によいお年が参りますように、お祈りいたします。

今年一年、本当にありがとうございました。





いつもありがとうございます。

FC2ランキング&ブログ村に参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村












スポンサーサイト
【2010/12/31 17:55 】 | 日本酒 | コメント(13) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。