スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】 | スポンサー広告 |
医王淡雪 純米生酒 かすみにごり
先週の土曜日、丸一日の休日仕事にそろそろキリをつけようとした頃、「キリッとした夏酒が呑みたい!」という気持ちがムラムラと湧き起こり・・・向かったのは名古屋テレビ塔のちょい東「酒屋 はやし」さんです。
この店、結構コアです。店主のこだわりのキーワードは多分“熟成”ではないか、と思うのですが、冷蔵庫には“○年もの”のお酒がぞろぞろ・・・、逆にピチピチ新酒は意外に少ない、ま、面白い店です。

「店主、キリッとした夏向きの美味いの一本、ちょ~だい」

「 ........ ここらかなぁ~]

とお勧めいただいたのが、この一本

富山県南砺市 成政酒造
医王淡雪 純米生酒 かすみにごり

医王淡雪

成政酒造、創業明治27年。富山県と石川県の県境「医王山」のふところに位置し、水はこの峰からの清水を使用し、その名は戦国期越中の国主「佐々成政」に由来するとのこと。

このあたりは富山県産五百万石の産地ですが、最初に五百万石に取り組んだのが成政の前蔵元であったとか、日本ではじめてトラストでの酒造りをはじめたとか、調べていくとなかなか興味深いですね。

さて、いただきます。

うすにごりですが、まずはオリなしで一杯・・・・・あぁ、さらさらだ。けど、ちょっと硬めであたりがキツイ・・・のはアルコール度の高さ(16~17度)からくるのかな?
オリを混ぜると・・・柔らかく濃い目の味わいになりました。でも、基本的にはちょい辛口のさらさらシャープはくずれていません。
美味いです。
するり、と喉に消えてゆき、もう一杯々々と・・・すいすいといってしまいそうです。
 ・・・これ、危険です。

お店によれば、このお酒は「地元向けの限定品を特別に分けて頂いた」とのこと。
良いものをに巡り合いました。


ところで
原料米は五百万石ではなく「雄山錦」。(母)ひだほまれ(父)秋田酒33号 で父方の御祖母さんが美山錦という系統。
あまり見聞きしませんが、富山では期待の新品種というところでしょうか。
ご存知の方、ご教示ください。





いつもありがとうございます。

FC2ランキング&ブログ村に参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村





スポンサーサイト
【2011/07/31 15:57 】 | 日本酒 | コメント(10) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。