fc2ブログ
千代の亀 吟醸生酒 夢の中へ(庄兼オリジナル)
今日のお酒は酒販店のオリジナル品です.

この酒販店、「リカーランド庄兼(HPはこちら)」の名物は“店主手書のお品書き”。
店頭にびっしり張られた銘柄命の札も、店内商品すべてに点けられた品書きも、すべて店主の手書き! 圧倒されます。

もちろん新しいお酒、普通のお酒が主体ですが、「古酒専門」と銘打つだけに冷蔵庫保管10年以上などという代物があります。
冷蔵庫で30年近くを経たおりがらみがあるそうですが・・・・・・ちょっと想像できません。
(ちなみに、先日の半田郷や白岳仙はこちらではありませんでした。)

今日のお酒は、こちらのお店のオリジナル。

吟醸生酒 夢の中へ(庄兼オリジナル)
愛媛県内子町 亀岡酒造
(千代の亀 吟醸生酒 羽衣)


庄兼 夢の中へ ○庄兼オリジナル

先日、久しぶりに訪れて冷蔵庫の中を物色していると、この手作り感満点のラベルを見つけました。
みれば見慣れた文字で「庄兼オリジナル」
「おやじさん、これなに? どこのどんな酒?」と尋ねると
「造りは愛媛県の亀岡酒造、酒は・・・・おいしい水!」とのご託宣。

“愛媛の亀岡酒造”といえば・・・・先日、青の奥さんが道後温泉へ旅行の際に教えてもらったという「凍結酒 銀河鉄道」の蔵元ではありませんか!  なんという偶然!
こういう時、青の頭を駆け抜けるあの言葉・・・・袖すりあうも他生の縁、つまずく石も縁の端・・・・・

「もらいます」  反射的に買いました 

夢の中へ 裏ラベル    

で、開栓! 
香りは・・・・穏やかです。私の好みにあっています、結構 

含む・・・・  さ~らさら~! み~ず~!! 

たしかに店主の言うとおり、これは とっても、とても、おいしい水 です!
しかし、喉に落ちていく瞬間、鼻に抜けていく良い香りと、切れ上がっていく酸を背景に旨みが浮かびあがってくる・・・・・一瞬の心地よさがクセになります。 もう一杯!

ためしに口中で回してみると・・・酸味と旨みが膨らんできて、やっぱり酒だね、とは妙な納得。

裏ラベルにある「吟醸 生 羽衣」というのが本来の銘柄なのでしょう。

確かに美味しい!

ただ・・・・肴をえらんで、酒を楽しむにはよいのですが、夕食の晩酌酒としてみると、余りにさらさら過ぎて料理に負けてしまうところがあるようです。
もうちょっと、味わいが深いほうが好きかな

夢の中へ 全景

じつは、もう一種類の庄兼オリジナルが冷蔵庫で出番待ち中です。
そちらは同じ亀岡酒造作ながら純米大吟醸生酒で、店主曰く「こっちは旨みの強いタイプ」とのこと。
いつ開けようかなぁ  お楽しみです。






スポンサーサイト



【2010/07/10 20:38 】 | 日記 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<キンシ正宗 純米吟醸生原酒 祝 | ホーム | 悪魔と呼ばれるビール>>
コメント

15~16度もあって、さらさらの美味しいお水とは。すっごく危険だ!(笑
・・・それで、「夢の中へ」だな。きっと。
【2010/07/11 09:33】| URL | 酒呑親爺 #-[ 編集] |

酒呑親爺さんへ
そうか・・・そういうネーミングだったのか!
確かに、ほんの少し物足りなくて、もう一杯、と気づかぬうちに飲みすぎてしまいかねません。
ところで、「第一回 何の会?」はいかがでしたか?


【2010/07/11 18:46】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |

さらさらしていると呑みやすいですよね~
いつの間にかって・・・よくあります(笑)

料理に負けてしまう様ですけど
フルーツなら合うのかな?o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o
【2010/07/12 10:38】| URL | neene #-[ 編集] |

neeneさんへ
“さらさら”はよいのですが、日が経つにつれて酸度があがってくるようです。
早めに飲みきったほうが良いタイプですね。
フルーツかぁ・・・ン?
【2010/07/12 21:26】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |

コメントに「危険な酒だ」とありますが、ほんと、そう思います!
サラサラいける冷やしたお酒は、ほんとキケン!!
ワインと冷酒はチビチビ、ゆっくり。。これは私の教訓です。(守られているかは疑問ですが。。)

久し振りにキンと冷やした日本酒も飲みたいな~
【2010/07/13 09:10】| URL | グラナーダ #-[ 編集] |

グラナーダさんへ
たしかに、弾みがつくととんでもないことに・・・、幾度か実践しましたが、でも、美味いからねぇ。
ワインも結構ですが、日本酒はよろしいですぞ。
【2010/07/13 21:47】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aono50go.blog61.fc2.com/tb.php/119-abee2925
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |