fc2ブログ
カクキュウ八丁味噌にて
ケンミンショーではないですが
我々、愛知県人にとって 味噌とは!  すなわち!!  赤味噌!!! 

私が子供の頃にはどこの家でも“うちみそ”を作っていました。
母ちゃんやら、お祖母ちゃんやらが大豆から仕込んで味噌を作り、豆の姿が残った赤味噌を摺り鉢ですりすり、旨い味噌汁をいただいたものです。

そんななかでも最も有名なのが岡崎八丁味噌
赤といううより殆ど“黒”の硬~い味噌です。深い味わい、文句なしに旨いです。
ともに西暦1600年代創業の老舗「八丁味噌(屋号は“カクキュウ”)」「まるや八丁味噌」の2社が、現在も伝統を継承しています。

先日、カクキュウ八丁味噌さんに伺いました。

愛知県岡崎市八帖町
合資会社 八丁味噌(カクキュウ)


カクキュウ本社
本社建物と本社蔵は平成8年に国の登録文化財となっています。

カクキュウ本社看板
正面には「宮内庁御用達 八丁味噌」の文字が誇らしげです。

数年前、NHKの朝の連続ドラマ「純情きらり」では、ここカクキュウの味噌蔵が舞台になりました。
 工場長曰く
  「宮崎あおいさんは可愛かったですなァ・・・ふふふ 」     幸せそうです。

八丁味噌 樽 ←味噌樽! 中身6トン+重石3トン!!

八丁味噌蔵 裸電球
↑裸電球です。
   実は・・・以前は蛍光灯だったそうですが、「純情きらり」撮影の際から裸電球に変えたそうです。
     風情があります。

ところで、“溜醤油”をご存知でしょうか? 味噌の熟成過程で染み出した汁をすくいだしたもので、通常の醤油よりもコク・旨みが深くて美味しいのですが、八丁味噌は重い重石を乗せてギュ~と搾るためこの“溜”がでないそうです。
コクも旨みも全部、味噌の中に凝縮しているわけです。
いや、勉強になりました。

見学を終えて味噌蔵から出れば、残暑 厳しい 日差しがギラ~リ!  ときましたが・・・

あぁ・・・味噌汁がほしいな・・・・

やっぱり味噌はソウルフードだね、と再認識しましたね。


お、おまけです。

(その1)
写真はありませんが、工場内で作業するフォークリフトには「竹千代」「日吉丸」などの名前がついていました。
社長さん(ご当主19代目 早川久右衛門氏)の命名だそうな。 いいねぇ 

(その2)
数年前の東京出張での出来事。
昼食にはいったお店のランチメニューは“鯖の味噌煮”=大好物 ⇒ 「ランチ、ください」
数分後、やってきた料理をみて私の目は点になりました 
・・・だって・・・味噌が白いなんて・・・・白いサバミソ・・・・ カルチャーショックでした。

いまだにあのショックは忘れられません・・・・

以上!


ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif


スポンサーサイト



【2010/08/29 21:06 】 | 日記 | コメント(8) | トラックバック(0) |
<<鍋島 生もと純米 九号酵母 | ホーム | 鍋島 純米吟醸 パープル>>
コメント
サバの味噌煮は・・・
こんにちは、青さん!
赤みそ、私も大好きです!
赤味噌のみそ汁は美味しいですよね~。と、言いながら、
関東の我が家は中間味噌(赤と白の)です。
そして、、、サバの味噌煮、白味噌を使う事が多いのです。。何ででしょうね~(^^;)
【2010/08/30 15:29】| URL | グラナーダ #-[ 編集] |

グラナーダさんへ
豆味噌は全国でもほぼ東海三県だけで発達した独自文化ですが、こればっかりは譲れません。
是非! 鯖は赤味噌で煮てください。
さぁ!今夜のおかずから始めましょう。
【2010/08/31 00:18】| URL | 青の50号 #-[ 編集] |

そのうち、自家製味噌にチャレンジしてみようと企んでる親爺です。
台風直撃の台湾で、日本酒も飲めずに。。
【2010/08/31 18:52】| URL | 酒呑親爺 #-[ 編集] |

酒呑親爺さんへ
台湾ですと? 今、近所に台風二つあるんじゃなかったです? おぉ・・・ご苦労様です。
自家製味噌、やってみてください。是非、豆味噌100%でね。

【2010/09/01 00:29】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |
八丁みそ
赤味噌!
大好きです。
とんかつを作る時や、おうちで和風パーティーするときは、最後に香の物と一緒に必ずごはんに添えて赤だしのお味噌汁を出します。あさつき葱(小ネギ)を入れるとそれはもう極上の世界・・・
あんなにおいしいお味噌ってないですよね。

ここの会社すごいですね・・・文化財ですね。というか、皇室ご用達の文字が正面にドーンと光ってたり・・・

お酒の歴史もすごいけど、お味噌もそれは深いですね。東野英二郎さんが水戸黄門やってたとき八丁味噌の親方のところを訪ねて、味噌ののれんが途絶えそうになった時悪代官と悪商人をやっつけて味噌の製法とのれんを守ったというエピソードを思い出しました。ラストに光圀が「八丁味噌」と名付けて、銘を書くんですよね。(作り話に違いないでしょうけど。笑)今日の青さんの立派なスクリプトを読んで、黄門さまの脚本家、あながち嘘つきでもないかもしれない・・・と感心してしまいました。(*^_^*)
青さん素敵な記事をありがとう。~☆☆

【2010/09/01 17:12】| URL | 美雨 #-[ 編集] |

趣きのある建物で素敵。:*:・(*´ω`pq゛

確かに関東で売っている鯖味噌缶は白ですね
うちの鯖味噌は合わせ味噌なんですが♪

青さんの方のおでんは味噌味ですか(o^∀^)?


【2010/09/03 16:53】| URL | neene #-[ 編集] |

美雨さんへ
遅くなりまして・・
八丁味噌の名は、岡崎城から八町ほど離れた旧八丁村(現在の岡崎市八帖町)で作られたことに由来するそうです。
硬い味噌で、戦国時代の三河武士の糧食になりました。
それから、黄門様は・・・・実際は関東から殆ど出たことがないそうですよ。
今後もよろしく。
【2010/09/04 11:33】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |
Re: タイトルなし
> neeneさんへ
> この建物は現役の本社事務所です。
> 応接室に入れていただきましたが、趣のある素敵な部屋でした。「洋館」という言葉がピッタリでしたね。
> 「おでん」ね。
> 愛知でも一般的にはだしですが、味噌ダレをかけて食べると旨いですよ。もちろん、味噌で煮込んだ「味噌おでん」もあります。
> 名古屋の「島正」が有名です。
【2010/09/04 11:42】| URL | 青の50号 #-[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aono50go.blog61.fc2.com/tb.php/131-b1e8f2ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |