fc2ブログ
百物語
昨日は仕事を定時できりあげて(午後5時って、あんなに明るいんだねえ!)、名鉄ホールへ。

「百物語 by 白石加代子」

昨夜の物語は 
 平家物語  「壇ノ浦の段」
 小泉八雲   「耳なし芳一]
 芥川龍之介  「杜氏春」     

うん、さすが! 面白かった!

壇ノ浦の迫力。かの琵琶法師の語りとは、と思えるほどの恐ろしさ、哀しさ。
しかも芳一の前に語る、という周到さ。
その芳一は・・・・・・、怖かった。

杜氏春は一転、ところどころに笑いを交え、しかし最後のクライマックスでは心にぐさりと刺さるような感動と・・・・・。

やはり白石加代子さんは凄い役者だと、改めて感心しきり。
でも、舞台の面白さは言葉では伝えられないし、そもそも芸術は自分で感じて評価するものと思いますので、皆様、ぜひ一度舞台をご覧願いたい。

ただし、残り時間は少ない。
百物語は、百話語ってしまうと恐ろしいことがおこると言い伝え、九十九話で止めるものと決まっている。
このシリーズも「百物語」を名乗る以上、この習しには従うらしく昨夜の口上によると
「今宵の三話を加えて八十九話。残り十話でございます」とのこと。

残り十話! 一話も落とさず聞きたい、と切に思いつつ、奥さんと名古屋駅で遅い夕食を食べて帰った夜でした。






スポンサーサイト



【2009/06/20 12:52 】 | エンターテイメント | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<6/25 札幌 | ホーム | 彼は注射に行った>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aono50go.blog61.fc2.com/tb.php/22-c78b9060
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |