fc2ブログ
珍なもの その二
珍なもの その二

10年ほど前、仕事の関係で県内の蔵元さん方とお付き合いしていた時期があり、お陰で現在も日本酒関連のイベント等で偶然お会いすると声をかけていただき、誠に有難いことと感謝しています。

本日の珍なものはその頃のお話。

ある時、業界の勉強会「利き酒会」にご招待いただき、ホイホイと出かけて行きました。
ずらりと並んだ出展酒(4号瓶)に感心しながら、教わったとおり、含んで吐き出してとやってみました。

※いくら飲まずに吐き出していてもやはり5~6本も利いた頃からホンワリした気分がやってきて、いっそ飲みたい!と思っても「利き酒会」ではそうもいかず・・・・・・楽しいんだけど、ほとんど生殺し状態

やがて会は無事終了し後片付けとなったとき、出席していた蔵元さんたちが妙なことを始めました。
手に手に一升瓶をもち、残った出展酒をとっては同じ瓶にドボドボと・・・・・!?
数種類の純米吟醸が一緒になり、時には大吟醸も純米も本醸造も一緒になり・・・・なにしてんの? と不思議に思いつつ、誘われるままに打ち上げにご一緒しました。

店につくと既に話は通っており、例の一升瓶数本は厨房へ・・・。
やがて宴がはじまり、ほんのり熱燗で出てきたお酒は・・・・・そう!あの出展酒100%ブレンド!!

いやぁ、でしたよ!

聞けば「少しづつ残ったのを捨てるのは勿体無いし、酒屋の飲み会なんだからこういう趣向も面白いでしょう。普通はあまりやらないでしょうから」
・・・・・そりゃやらないよ!絶対に!

原料はすべて良いお酒なので、これはこれで美味いんだ(不思議なことに)けど、なんとなく妙~~な酔い方でしたね。 脳みそも状況が理解しにくくて「どう酔っぱらったらいいのかしら?」と悩んでいるような。 

ひとつ勉強したのは、殆どの蔵元さんたちがプライベートでは吟醸クラスをぬる燗で飲む、と伺ったことでした。
酒を壊さない程度であれば、角がとれて軟らかくなります。ただ、あまり香りの高いものは避けたほうがいいかな、と。

私は今でもときどき、純米吟醸を燗で飲みます。もちろんシングルで。

いやぁ、日本酒って楽しいですよ 


スポンサーサイト



【2010/01/09 12:22 】 | 日本酒 | コメント(6) | トラックバック(0) |
<<あの声 | ホーム | 珍なもの>>
コメント

青さん、今年は素晴らしい。更新頻度も内容も。参った。
長珍いらいの珍シリーズ。良いですね。特に今回の。

大きなタイトルは、「珍なもの その二」なのに、小さなタイトルは、「珍なもの その3」だ。これも珍なるかな。拍手。
【2010/01/09 12:40】| URL | 酒呑親爺 #-[ 編集] |

酒呑親爺様

その二 その3 気づきました。 
こっそり直しました m(_ _)m



【2010/01/09 14:46】| URL | 青の50号 #-[ 編集] |

あ!タイトルがこっそり直ってる(笑)
ホントめずらしく更新してマスね・・・。
珍しい事すると大雪が降るよ~(゜.゜)
そうそう、明日行くときにプレゼントあります♪
お楽しみに~(^o^)丿
【2010/01/09 18:47】| URL | 娘一号 #-[ 編集] |
娘一号へ
プレゼント?
待ってるよ~
【2010/01/09 21:02】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |

確かに‘珍’ですね!
そういった呑み方は私には
多分一生ないかもしれない珍な出来事ですね

なかなか出来ない貴重な体験でしたね( ^ω^ )
【2010/01/10 09:33】| URL | neene #-[ 編集] |

neeneさんへ
この‘珍’な体験はご家庭でもすぐにできますよ。きっと後悔しますけど。
【2010/01/11 19:24】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aono50go.blog61.fc2.com/tb.php/60-6b4f2559
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |