fc2ブログ
桜咲く頃・・・その3 最後の桜
桜咲く頃・・・最後の桜 は
初夢桜三昧  です。

今年1月に営業停止を発表した天埜酒造「初夢桜」
銘柄は新会社に引き継がれるものの、天埜幹子杜氏の造りは幕を閉じました。
もう、飲めないのか、とガッカリしていたところ、半田市内のとある酒屋さんで見つけました。

愛知県半田市 天埜酒造
純米吟醸 初夢桜

初夢桜 純米吟醸 初夢桜 裏ラベル

あぁ、美味い。
サラリとした口当たりだけど、ペラペラではないしっかりした奥行きを感じる。
派手ではないけど、至極まっとうな純米吟醸だと思います。
わたしは大好きです。

5月の連休、天埜酒造のある半田市亀崎では、町中が熱狂する「潮干祭り(しおひまつり)」が開催されます。

男衆が豪奢な飾りとからくり人形を備えた5台の山車を引き、最後は砂浜までおろして曳き回すというもので、国の重要無形民族文化財にも指定されています。
祭りの起源は古く15世紀後半からとも伝えられ、山車の豪華さには、古くから醸造業や海上交通の要地として栄えたこの地の歴史が偲ばれます。
お祭りのHPはこちらを ※みどころMAPに曳きおろしの様子がでています。)

初夢桜はこのお祭りのもうひとつの主役です。祭酒として男衆はもちろん、山車の蔵の前などに菰樽がすえられて振舞われたのです。

ことしのお祭りは5月3・4日、今年の酒はどちらだろう?
1月に造りを止めたのだから・・・新しい方でしょうね。

新しい初夢桜がどんな酒になっているのか、それはそれで楽しみですが・・・・、私の大好きだった桜にはもう会えない、というのがやはり残念です。

 多分、これが私にとっては最後の一本かなぁ

  初夢桜三昧

     ・・・・大好きだ!







ブログランキングに参加しています。
ポチっと応援いただければ幸いです。

d_01.gif


スポンサーサイト



【2010/04/10 07:58 】 | 日本酒 | コメント(4) | トラックバック(0) |
<<星空に | ホーム | 桜咲く頃・・・その2>>
コメント

親爺は、天才女性杜氏:天埜幹子さんの醸したお酒をとうとう呑まずに終わることになります。
最後に味わえた青さんは幸せ者ですよ。
最後の言葉を、天埜幹子さんに届けたいです。
ぽちっとな。
【2010/04/10 08:13】| URL | 酒呑親爺 #-[ 編集] |
Re: タイトルなし
酒呑親爺さんへ
そうですね。諦めていたのに最後に一本めぐり会えたのが“僥倖”というものでしょう。
それにしても、彼女はこれからどうするのかなぁ? 惜しいですよねぇ。
【2010/04/10 17:48】| URL | 青の50号 #-[ 編集] |

初夢桜三昧に五条川桜・・・

ベルギービールもそうだけれど、日本酒には素敵な名前が多いですよね。
名前にも、夢がないといけないですね、それだけで酔えるような気がします。(=^・^=)
【2010/04/13 08:43】| URL | 美雨 #-[ 編集] |

美雨さんへ
名前にも夢、なるほど。
それは多分、造り手の夢でしょうね。
まだ他にも良いのがありますよ。
おいおい、ぼちぼちと・・・
【2010/04/13 22:18】| URL | 青の50号 #jdgj8OxM[ 編集] |
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://aono50go.blog61.fc2.com/tb.php/91-f75c6846
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |